« 行き行きて重ねて行き行く | トップページ | 野田政権の冷酷さ »

2011/11/01

愚かな知事を持ち上げる愚かなマスメディア

 大阪府知事選、市長選が風雲急である。府知事を任期満了までできなかった愚かな知事が市長選に鞍替えするという珍事。橋下前知事のもとで苦労した府職員の名誉挽回を切に願う。そして、市長選での「彼」の落選を望む。

 その愚かな前知事を、またもや一部のマスメディアが異常なまでに応援している。大阪・よみうり(関東では日本テレビ)のミヤネヤ、東京・テレビ朝日(関西では朝日放送)のモーニングバードである。

 ミヤネヤは、橋下氏の辞任会見を延々と放送。一方、モーニングバードは、赤江珠緒キャスター、コメンテーター(男性)が橋下氏を持ち上げた。選挙が間近であるだけに、公職選挙法違反の疑いも濃厚である。こんな番組を見るのは閑人だけかと思うが、意外にも影響力があるので、無視できない。

 他の候補者名も番組で紹介したというアリバイは取り繕っているのだろうが、赤江氏に至っては、「過去の大阪府知事の名前が思い浮かばない」とまで言って、橋下氏を持ち上げた。兵庫県明石市出身とされる赤江氏が府知事の名前を知らないのは当然か。しかし、赤江氏は、歴代の大阪府知事を露骨に侮辱する発言をしていることすら気づかない。鈍感さ、ここに極まれり。黒田了一氏がご存命であれば、赤江氏の発言に、さぞ怒り、抗議したことであろう。立派な侮辱罪である。公正・中立な顔をして、橋下氏を応援したこれらの番組キャスターおよびコメンテーター(見識のないコメントばかり)の犯罪性をよく記憶しておかねばならない。

 宮根氏も赤江氏も好感をもたれている人物であるだけに罪深い。橋下氏が米軍基地を関空(関西空港)に誘致しようとしたことなど、頭脳から抜け落ちているのではないか。彼らは、米軍基地の存在が沖縄でどれほどの犯罪を巻き起こしてきたかも知らないのだろう。少なくとも、橋下氏の「犯罪性」や米軍の犯罪に無知・無恥なのなら、2人ともテレビ業界から去るべきである。

 奇しくも橋下氏の当選バンザイシーンが放映されて、「彼」の両隣に自民党元国会議員(中山氏)やら公明党現職国会議員(白浜氏)やらがうれしそうに万歳している。自民党、公明党の応援を受けて当選した橋下氏。なるほど、「小泉改革」の地方版としての橋下「改革」だった。ファシズムならぬ「ハシズム」の暴走を止めなければならない。しかし、どうやって。大阪府民、大阪市民の良識に期待するほかはない。橋下氏に連なる勢力を当選させないことを。

« 行き行きて重ねて行き行く | トップページ | 野田政権の冷酷さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38028/53135026

この記事へのトラックバック一覧です: 愚かな知事を持ち上げる愚かなマスメディア:

« 行き行きて重ねて行き行く | トップページ | 野田政権の冷酷さ »