« 大震災と人災 | トップページ | 原発推進なんて、もはや論外 »

2011/04/03

大震災と都知事選

 こんなに広範囲に放射性物質がまきちらされるヒドイ事態になっているのに、いまだに原子力発電所に「幻想」を抱き、推進をあきらめていない石原慎太郎は、あきらかに東京都知事にふさわしくない。都民の「安全・安心」など、本当は何一つ考えていないことが、石原の原発への考え方に集中的に表現されている。石原は、防災対策もまるで持っていない。帰宅難民への支援で、東京都の対応の遅さ、貧弱さを痛感した人々は、膨大な人数に及んでいるのだから、もう、そろそろ「石原以外」という選択にならざるをえないのではないか。ついでにいえば、芥川賞の選考委員としても石原はふさわしくない。

 4月3日(日)放送のフジテレビ番組「新報道2001」での石原の発言を視聴すれば、以上のような感想に至る。さて、「石原以外」で、どのような候補がいるのか。東京都の政治は、首都圏の政治でもある。都知事選の結果は、ただちに神奈川、埼玉、千葉、山梨、群馬、茨城、栃木の人々の生活にも影響する。これらの地域は、放射性物質が蓄積されている地域でもある。「アドルノ的」筆者の背広の放射線量を測ったら、なんと4マイクロシーベルトと出た。ちゃんと放射性物質は蓄積されているのである。3月11日も都内を歩き回ったし、翌日も外出。福島第一原発で水素爆発が起きた日も外に出てしまった。外に出ざるをえない。普通に歩きまわり、頻繁に外出していなくても、首都圏で通勤しているだけで、この通りである。空気中の放射線量など、いくら示しても意味はない。あれは電力会社が放射線について何も知らない人々向けに、いわば「安全性」を誇示するために、気休めに発表しているだけである。

 テレビ局は、電気がないと映らないのだから、まさに東京電力の言うがままである。「直ちに健康に影響は出ない」というくだらないフレーズも聞き飽きた。フジテレビの別番組「知りたがり」では、プルトニウムの危険についても率直に指摘しないエセ学者がいた。発言しながら顔がこわばっていたところが正直だったが、言行不一致は否めない。


 人間には、健康な人もいれば、健康でない人もいる。人それぞれなのだ。少なくとも、チェルノブイリ原発事故による子どもたちへの健康被害は確認されているのだから、放射性物質の拡散で、安易に「安全」を宣伝するのも無責任というものだろう。放射線の影響を受けやすい子どもたち、高齢者の体調がどうなるのかも、人それぞれ。しかし、いまの事態が3年も続けば、10年後、20年後には、子どもたちに深刻な影響が出てこないと誰が証明できよう。もし現時点で「影響がない」ということを平気で言う人がいたら、その人こそ「間違った情報」の発信者だろう。「間違った情報に惑わされないようにしよう」とCMで言わせているが、今現在、「正確な情報」もまた少ないのである。原発を推進してきた自民党、財界、とりわけ東京電力、エセ学者を擁護するような「情報」にこそ注意しなければならないだろう。

 フジテレビの番組で、脱原発と表明したのは、小池晃と渡辺美樹の2人で、石原と東国原は原発依存を改める姿勢を表明しなかった。みごとに「自民党」型政治と自分たちが親戚関係にあることを石原と東国原は示してくれた。少なくとも、こういう明々白々な原発被害にあっているときに、なおも原発にしがみつく愚者を選ぶというのも、自らの首を絞めるような行為になってしまう。

 しかし、なんたる失策か。ワタミ氏は、別の政策で、なんと「石原さんに賛成です」と言っているではないか。石原が勝った場合を見越しているのだろう。「商売人」だね。こうなると、消去法でも、小池晃しか都知事にふさわしい人物はいないということになる。ま、非常事態だから、小池晃を都知事にするという選択も悪くないと思うが、どうだろうか。

« 大震災と人災 | トップページ | 原発推進なんて、もはや論外 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38028/51287907

この記事へのトラックバック一覧です: 大震災と都知事選:

« 大震災と人災 | トップページ | 原発推進なんて、もはや論外 »