« 映画「平成ジレンマ」  | トップページ | 大震災と都知事選 »

2011/03/15

大震災と人災

 東北関東大震災(この呼称もいまひとつ事態をとらえていない気がするが)がもたらした大惨事への対処については、当然のことながら、緊急性を要する。

 東北の人たちには、何をさておいても、水と食料、安心して眠れる場所の確保というのが、大震災に何度も見まわれている「日本」にとって常識である。冬なので、毛布などで暖をとる必要もある。今回は、三陸大津波の教訓をふまえた宮城のあの有名な巨大堤防を乗り越えて大津波が押し寄せたのだから、未曾有の大災害であることは間違いない。過去の経験が通用しない面があることも事実である。命を一番大切にする政治の実現が求められている。

 家族を失い、住宅および家財の一切を失った多くの人々の心身に対する打撃は計り知れない。マスメディアの一部記者の無神経な質問に被災者は、さぞ腹立たしさを覚えていることだろう。命がけで救援活動を行っている人たちへの応援も必要だろう。2次災害の危険と常に隣り合わせであることも知っておかなければならない。

 何が優先されるかといえば、大津波にあった人たちを救援することに違いない。同時に東京電力福島第一原発および第二原発の緊急事態、東北電力女川原発の事態(こちらの方はどうなったのか?)が救援活動に困難をもたらしている。政府の動きが鈍い原因の一つには、原発事故への対応に追われている現実がある。おそらく、菅政権は、早い段階から原発事故の深刻さについて気づいていた節がある。にもかかわらず、東京電力まかせにして対応を遅らせた可能性がある。その例証は、異常に早々と米軍への支援を求めたこと、および、多くの問題を抱える「輪番停電」を深い思慮もなくあっさりと了承したナオト・カン首相の姿勢に表れている。東電言いなりの「人災」である。

 「人災」たる側面は、首都圏のテレビが「輪番停電」の告知に忙しいことである。これによって原発事故の報道が減り、被災地の状況を伝える報道が減り、事実上の「情報統制」が敷かれている。本末転倒とはこのことである。

 東京電力のホームページ、電話番号など通じないものを紹介して事足りるとするNHKの愚鈍さ。原発の専門的な用語を乱発して、どんな危険な事態が起きているかを端的にわかりやすく伝えない東京電力の厚顔無恥。数え上げればきりがないが、東京電力こそ真っ先に「被ばく」の事態について義援金を出して、街中を巡回して、おわびすべきだろう。原発が地球温暖化対策になるなどと言い、海外にトップセールスをするとしてきた民主党政権は真剣に反省すべきだろう。財界は、法人税減税の要求を撤回し、内部留保を投じて、大震災の救援を応援すべきである。国民の負担が増えることには熱心な日本経団連の動きは、大震災になると、途端に鈍くなる。自民党を通じて「増税」をけしかけている恥知らずな人々がいることを、この際、告発せねばならない。被災者に「増税」しようとする冷酷な人たちが自民党である。よく覚えておこう。

 また、このどさくさにまぎれて「高校無償化」などを廃止しようとする公明党の非情さについても批判しておかなければならない。公明党は、「高校無償化」を廃止すれば、多くの被災者にも経済的負担がのしかかることに気づかないのだろうか。自民党や公明党が、貧困対策にはとても不熱心な政党であることを改めて確認したい。

 「人災」をつくりだしている原因の一つは、「有事」訓練として今回の非常事態を活用しようとする邪な意図が日本政府に見うけられることである。都内で早くから退社して帰宅しようとしていた人々を、JR東日本などの言うがままに留め置いて、電車を止めて、わざわざ「帰宅難民」にし、狼少年的な停電予告によって擬似「被災者」(停電によって命が危うくなる人たちの存在を無視)をつくりだしている。これによって、本来ならば復興活動に貢献できるはずの人たちの活力を疲弊させ、生活を危うくする悪循環を生み出している。岩手、宮城、福島に親類縁者をもつ人たちは、いち早く、連絡をとり、行動したいはずである。

 物流と通信手段の状態や確保がどうなっているのかという情報も非常に少ない。緊急車両がどの道を通って、どこへ支援にゆけるのかもしっかりと示すべきだろう。
 
 ボランティア担当補佐官(本当に馬鹿げている)なんて、つまらない政治的な欺瞞の臭いがする一時しのぎの策動はやめて、被災地が何を必要としているか、どこに応援が足りないのかをちゃんとマスメディアを通じて示すことが先決だ。とにかく巨大な震災には、それだけ巨大な対策が求められる。原発に頼ってきた生活を改める必要もあるだろう。

« 映画「平成ジレンマ」  | トップページ | 大震災と都知事選 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38028/51122639

この記事へのトラックバック一覧です: 大震災と人災:

« 映画「平成ジレンマ」  | トップページ | 大震災と都知事選 »