« 閉塞感の極み | トップページ | 本多勝一集全30巻、驚異のジャーナリスト »

2011/01/30

「開国」していない「外交」

 ナオト・カン(日本を属国にしたい意図をもっている人なのでこう呼ぶ)が「開国」という言葉を連発するたび、彼の歴史意識の低さ、歴史にたいする知識の欠落に、毎度のように怒りを覚える。歴史学者は、なぜナオト・カンを批判しないのだろうか。愚かな首相のヘンテコリンな発言、この一点をもってしても、ナオト・カンは首相としてふさわしくない。誤った認識を国民に広げる「公務員」は教育に有害である。もしくは税金を支出する対象人物としてはふさわしくないと判定する。

 現代日本が「開国」していないと誰が証明できよう。サッカーでは「他国」と実に良いたたかいをしているではないか。輸入食品もどんどん入ってくるし、輸出もどんどんしている。海外旅行に行く人も毎年のようにいるし、「外国人」は日本各地にいるではないか。「出国」は、金銭的な自由がともなえば、いつでも可能である。アメリカに対しては「開国」以上に「属国」として仕えている。「開国」という名で推進されるTPPで、日本の食料安保はさらに危機的な状況になることが予想される。沖縄にある米軍基地は一体何なのだろう。日本の首都にも米軍横田基地がある。米軍は日本政府の許可なしで出入り自由。逆に航空管制では米軍の許可がいる。いわば狂ったような「開国」である。

 北朝鮮に対してだけは「開国」していないといえる。これは長年の日本による朝鮮にたいする植民地支配の歴史、および北朝鮮現政権の王朝風軍国主義国家ぶり、核・拉致などの問題が影響している。逆にナオト・カンが北朝鮮をはじめとする東アジアの平和構築に主導的にとりくんでいるだろうか。北朝鮮問題や領土問題をセイジ・マエハラにまかせきりにして、アメリカ政府のご機嫌をうかがって「外交」を行い、アメリカ政府と行動を共にしているだけである。千島列島を早くロシアから返還させよ。韓国の竹島領有をあいまいにするな。中国の尖閣諸島へのちょっかいを許すな。みずからの怠慢のつけを国民になすりつけるのは、やめてもらいたい。いまなすべきは、戦争につながるような要素を「外交」で一つ一つ解決していくことである。あまりもやるべきことは、はっきりしているのに、それに気づかないナオト・カン。大丈夫ですか?

« 閉塞感の極み | トップページ | 本多勝一集全30巻、驚異のジャーナリスト »

コメント


最初の開国は明治維新である。二番目の開国は戦後である。三番目の開国はこれからである。


考え方にはいろいろある。自分たちの考え方が理に合わないものであることを証明するのは難しいことである。だが、それが証明できなければ、おかしな考え方を改めることも難しい。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

投稿: noga | 2011/01/30 08:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38028/50725028

この記事へのトラックバック一覧です: 「開国」していない「外交」:

« 閉塞感の極み | トップページ | 本多勝一集全30巻、驚異のジャーナリスト »