« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010/09/15

カンと小沢

 ナオト・カンが民主党代表として再選された(14日)。ニュースでカンの若いころの映像が出たが、過去の代表選のカンは長髪で、あごも細く、文字通り「野党顔」だった。ところが、いまや「与党顔」になり、小沢一郎に顔が似てきている。カメレオン・カン。「私には夢がある」というキング牧師の有名な言葉を借用した小沢に倣い、カンも「私にも夢がある」と真似をした。カンは、小沢の真似をして首相の座を再確保したのである。「政治とカネ」の問題で小沢よりクリーンという一点で党内の支持を集めた。しかし、カン自身も「政治とカネ」の問題を解決する指導力があるわけではないし、ユキオ・ハトヤマと小沢が辞任したことをもって、すでに解決したという能天気な態度である。

 翻って、小沢一郎の役割は、昨年夏の総選挙の時点で、すでに終わっている。今回の民主党代表選で確認できたのは、このことである。田中角栄に倣い、数の力で隠然たる影響力を及ぼすというのが小沢の肌にあっているのだろう。当面、小沢が首相になることはなくなったが、今後の民主党が安定した政権運営を約束されたわけではない。カンは、ますます民意を見誤る方向へ、すなわち、財界とアメリカの意向を最大限、反映する立場へ向かっている。

 『日本改造計画』の内容は、ハトヤマ、カンらによって着々と実現の道を歩んでいる。軍事大国の「普通の国」へと突き進んでいる。国会を改造する企ても進んでいる。カンは、衆院の比例定数削減を年内に減らすという露骨な少数政党排除宣言を行なっている。財界やアメリカが喜ぶ「政治改革」は、いささかも微動だにしていない。

 結論は、カン流な唐突さで申し訳ないが、小選挙区制を廃止するしかない。皮肉なことに、小沢がめざしてきた小選挙区的な代表選のやり方によって、小沢は敗れた。小沢陣営は、このことを痛感すべきである。

 カンと小沢。仲良く喧嘩しな。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »