« 北山修 アドルノ的人物伝 | トップページ | 借りぐらしのアリエッティ »

2010/07/27

北山修② アドルノ的人物伝

 ひきつづき、「北山修 最後の授業」第2回 NHK教育テレビ 2010年7月27日(火)

 ※北山修氏に対して、頭を冷やして、いじわるな見方をすれば、「世の中をうまく立ち回る、世渡りのうまいおっさん」との印象もある。一方で、とても賢い男のイメージ。ほんとうに、彼は、精神科医として「患者」や「時代」に向き合ってきたのだろうかという批判や誤解もあるだろう。番組の第1回の放送では、そのあたりのところがよくわからなかった。「テレビ」を意識しすぎているのは、北山氏自身なのではないかとの感想すら持つ人もいただろう。これまでのところ、この「テレビ」番組では一方通行で、北山氏の実像は、よくわからない。第2回の放送では、そういう視聴者の偏見に満ちた見方に対して「おれは人間なんだぞ」と逆襲する北山氏によるスリリングな反論が開始される。
 以下は、番組を見てのメモ書き。間違いもあるので、要注意。

 番組冒頭は、九州大学の研究室の映像とザ・フォーク・クルセダーズの回顧映像。
 「なぜ私は臨床心理学をやったのか。…作詞家だったことがこの仕事に就かせたこともあった」と語る。

 テレビのための精神分析入門 第2回
 マスコミュニケーションVSパーソナルコミュニケーション
 「臨床心理学はウラの仕事といえるでしょう」
 なぜ臨床心理学を選んだのか 300枚のレコードを自己出版
 
 作詞家と精神科医の共通点 「私は、防人歌が良い例だと思うが、国語の教科書に向けて書いたのではない。自分の妻や妹に書いた。…個人のパーソナルな思いを歌にのせたときに、私の心は置き去りにされた」

 ◎作家の重松清氏との対談シーン
 重松氏「言葉の人だから、言葉そのものに説得力があるなあと思って聞いていました。…言葉と心の関係、テレビとともに育った世代だから、テレビの影響が、学問を学ぶ以上の切実さで迫ってきたんです。…2010年のこの状況を考える意味でも、北山さんのメディアとの関係はおもしろい」

 「あの素晴らしい愛をもう一度」の歌

 重松 言葉は、オモテの意味しか伝えられないのが原則だと思いますが、北山さんの作詞家としての流儀は?
 北山 歌いながらつくれないと、作品はダメだと思うんですよ。…作詞の方が先だとメロディーがないまま作らないといけない。…
 重松 先にメロディーがあることによって制約になるのか、それとも
 北山 曲がなかったら、カラオケにいって、違う歌(詞)で好きな歌を歌っている。替え歌。間違って歌っているととられる。…冗談 言い間違え 新しいクリエーション(創造) …
 重松 言葉遊びで文学にもっていくことはあると思うんですね。ある物書きの人が、奥さんを亡くした悲しみを、短歌という定型のなかで素直に表現できるとおっしゃっている。
 北山 メロディーがないと歌にならないと同じですよね。…定型というと何か制約のように感じるかもしれないけれど、受け皿がないと…
 
 北山 インタビューをしている瞬間を重松さんや視聴者は見ている。表面的につくっているのであって、ほんとうの私の姿はここで見えていないと思う。ほんとうはNHKで流せないことを言いたいことを押し殺している。…ほんとうっていうのは、ここにはないと考えた方がいい。
 重松 求められている自分
 北山 マスコミで1年間、ライトを浴びて、眩しい思いをして、みんなの前で語ったり、歌ったりしたが、そこでは演じることを求められている。みっともないところは全部編集されてしまうと思いました。…

 重松 ビデオの普及が大きいと思っていまして、ほんとうの自分とそうでない自分に相当影響があると思うのですが。
 北山 いま、重松さんとお目にかかって、1時間で、親しいともなんともいえないわけですよ。でも親しげに話さなければならない。…僕にとってほんとうのことは、まだ、なんかお芝居している感じ。予定しながら話している感じ。…この事態についていけてない私を感じている。オモテとウラをわけたときに、重松さんとお話しているから、お酒飲んだら違う話になるかもしれませんよと。…小さなスピーカーで再生し、小さな液晶に収められてしまうと、けっこう操り人形としてよくできているじゃないという人を前に、…人間なんだぞという思いに目を向けてくれるだろうか。

 ※28日以降の番組は、日を改めてフォローしたいと思います。悪しからず。

« 北山修 アドルノ的人物伝 | トップページ | 借りぐらしのアリエッティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38028/48992337

この記事へのトラックバック一覧です: 北山修② アドルノ的人物伝:

« 北山修 アドルノ的人物伝 | トップページ | 借りぐらしのアリエッティ »