« 日本の大資産家、北朝鮮「脅威」論、そして、アメリカの投資家 | トップページ | 否定と拒否の態度 »

2010/06/24

日本の「株主富豪」ランキング

 日産自動車のカルロス・ゴーン社長(1万人もの社員を解雇した男)は、8億9000万円(2009年度)の役員報酬をもらっているという。ソニーのストリンガー会長の8億1000万円の役員報酬を上回った。こんなにお金をもらって何に使うんですか?
 しかし、株で儲ける日本の「株主富豪」から見ると、これでも「小銭」程度の稼ぎでしかない。

 神話の国の大株主命(おおかぶぬしのみこと)の物語のはじまりはじまり。

 日本の「株主富豪」ランキングを「日経ヴェリタス」(2010年6月20日~26日、第119号)が独自調査をもとに報じている。

 「株主富豪」が生きる世界は、株の発注ミスに突けこんで10分間で20億円超の「利益」を上げてしまう「ジェイコム長者」が飛び出す魔界である。子どもは近づいてはいけないし、真似しちゃいけない。恐らく、近づけるのは怪物ランドの王子ぐらいだろう。「人生ゲーム」でも、こんな馬鹿げた「億万長者」は想定されるべきではない。
 冗談はこれぐらいにして、ちなみに、孫正義氏(あの白い犬が出てくるCMで超有名なソフトバンク)は、株価上昇にともない1年前より1000億円も資産が増えたという(貧乏人が買う「宝くじ」なんかアホらしい!)。ゴーン社長の役員報酬も霞む、ほんとうに、もう、狂った世界である。

個人大株主の保有株式時価ランキング(6月14日時点で日経ヴェリタス編集部が推計)

①孫 正義 5405億円
②柳井 正 3869億円
③山内 溥 3482億円
④田中良和 1558億円
⑤三木谷浩史1444億円
⑥永守重信 1147億円 日本電産
⑦三木谷晴子 958億円
⑧滝崎武光  929億円 キーエンス
⑨三木正浩  794億円
⑩柳井一海  652億円
⑩柳井康治  652億円
⑫上原昭二  646億円 大正製薬
⑬南場智子  626億円 DeNA
⑭似鳥昭雄  568億円 ニトリ
⑮稲盛和夫  550億円 京セラ
⑯里見 治  542億円 セガサミー
⑰前沢友作  482億円 スタートトゥデイ
⑱松井千鶴子 432億円 松井証券
⑲船井哲良  424億円 船井電機
⑳三木美智子 407億円 

 フォーブスの長者番付で出てこない個人大株主についてだけ、「主な保有銘柄」を示した。後は「日経ヴェリタス」(500円)を買って読んでください。
 こういう大資産家に対する課税を強化しても大したことはないと思う。彼らは生活に困らない人たちなのだから。株による儲けを見る限り、この人たちが血と汗と涙で稼いだお金と言えない泡銭なのだから(一方で、大多数の社員の血と汗と涙を犠牲にしていることは明らかであるから、大資産家に課税を強化することは、大多数の社員や明日の生活にも困る「国民」への還元にもなる)。法人税を引き上げたら、大企業が日本から出ていくとか、国際競争力が弱まるとか、そんな、くだらない愚かな戯言を口にするのは、おかしいと思う。屁理屈は、強欲資本主義がいかに狂ったものであるかを示すにすぎない。地球上にタックス・ヘブン(租税回避地)があるから、大資産家は、まだまだ安穏としているのである。

 強欲資本主義の考え方に染まった政治家が、街頭演説で「民間企業のように身を切る努力をしているのか!」と「国」や地方自治体を恫喝しているが、本当に大企業のトップは、身を切るようなことをしているだろうか? むしろ、自社の社員を切り捨てて、CEOや経営陣は高額な報酬、株の配当を得て、肥え太っているのが実態ではないか。「財源ない」と、なんとかの一つ覚えのように消費税増税へと誘導する先頭にたっているのが日本経団連をはじめとする財界である。

 財界・大資産家対策がしっかりしている日本共産党を躍進させなくては!

« 日本の大資産家、北朝鮮「脅威」論、そして、アメリカの投資家 | トップページ | 否定と拒否の態度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38028/48707428

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の「株主富豪」ランキング:

« 日本の大資産家、北朝鮮「脅威」論、そして、アメリカの投資家 | トップページ | 否定と拒否の態度 »