« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010/05/28

鳩山政権の終わりの始まり その2

 やっぱり始まった。「社民党に配慮して」うんぬんの欺瞞的「報道」。自民党が公明党と連立政権を組んでいたときも、問題は何も解決していないのに、「公明党に配慮して」とかナントカという欺瞞的「報道」がまかり通ったものである。

 では、一体、どんな形で「社民党に配慮して」、民主党政権のもとで、何が行なわれようとしているのか。日米共同宣言では「辺野古」と明記される方向である。このことについて、28日午前6時のNHKニュース「おはよう日本」では微塵も否定する報道はなかった。

 つまり、日米共同宣言の内容については、何も、これっぽっちも「社民党に配慮」などしていないのである。何も解決していないし、本質的な「先延ばし」でもない。欺瞞的な「報道」によると、「配慮」したのは、与党内での日米共同宣言の発表、政府方針の発表を若干遅らせるということである。

 民主党の鳩山由紀夫代表は23日の時点で、すでにはっきりと「結論」という言葉まで使って、沖縄県知事や名護市長に、沖縄の辺野古に新基地建設という方針を伝えた。みごとに5月末でアメリカ政府と合意しようとしている。沖縄県民の世論を真っ向から否定し、握りつぶす民主党政権の実際の動きを、社民党が覆い隠す、塗りつぶす役割を果たしている。

 なぜ、社民党は、アメリカ政府に対して新基地建設を止めるようにと、書簡の1枚でも送ろうとしないのだろうか? 不思議である。アメリカ政府との交渉ではなく、テニアンの人たちに「負担」を押し付けようとしている。米軍基地という危険な存在は、米領においても危険である。そのような想像力すら働かないのだろうか。社民党は、日本国内の仲間内だけで、やれ方針の発表を遅らせるだの、「署名拒否」だの、「辺野古」という文言が入れさせないだの、ゴマカシの手口ばかり議論して、頑張っているフリをしている。

 それを、日本国内では「社民党に配慮して」、やれ政府としての閣議決定を遅らせるだの、閣議了解、首相発言にするだの、国民だましの議論ばかり。でも、民主党の鳩山代表は、正直である。社民党とは「連立政権を維持する協議をしてきた」と、そのまま昨日の記者会見で語っている。つまり、民主党と社民党との間で、この間、議論されてきたのは、米軍普天間基地問題ではなく、連立政権をいかにして維持するかという国民生活とはなんの関係もない、小細工の協議にすぎないことを、鳩山代表みずからが暴露しているのである。

 それどころか、鳩山代表は27日の全国知事会議で、米軍普天間基地問題を奇貨として、日本全国に米軍基地の機能を分散・移転させるという、とんでもない(アメリカ政府が欣喜雀躍する)提案をおこなった。日本の米軍基地化のおすすめを、アメリカ政府に成り代わってする代理人。これが鳩山代表の正体である。

 奇しくも、5月末は、日本経団連会長が「交代」する時期と重なった。なるほど、財界総理が交代したのだから、政界の総理は交代しないでもいいということか。いや、財界総理が交代したのだから、政界総理も交代することになるのだろうか。まあ、民主党政権内で総理が交代しても、もはや、なーんにも米軍基地問題が解決する可能性はないけどね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

鳩山政権の終わりの始まり その1

 きょうからは、民主党の鳩山由紀夫代表と呼ぶことにしよう。いまや、一握りの富豪、大金持ちの声を代弁するブルジョア階級の「自覚」に目覚めた彼の存在は、一国を代表する「首相」の名に値しない。何が「在日米軍のおかげで日本の平和と安定が守られている」(全国知事会議での発言)だ! ふざけるな! 堪忍袋の緒が切れた。米兵の犯罪に、どれだけの日本人が泣かされてきたかを知らないとでもいうのだろうか。いままで大人しくしてきたが、アドルノ的筆者として、鳩山政権自身の「政権交代」を求める。「ハトヤマさんは、良い人」なんて幻想は、一切捨て去るべきなのだ。鳩山代表は、無闇に東アジアの緊張を高める発言もしている。怒髪天突、悲憤慷慨、虚飾政権、即刻退陣、日本革命、満願成就、平和実現、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏…

 米軍普天間基地の「県外・国外移設」という公約を破って恥じない民主党のようなエセ政党に、今度の参院選で投票するのは、もう止めようではないか。民主党の胡散臭さは、辺野古周辺に土地をもつといわれる小沢一郎幹事長に象徴されているではないか。「良心的」なジャーナリストを気取る連中が、「政治とカネ」の問題で小沢幹事長を擁護する発言を展開しているのを見るにつけ、虫酸が走る。小沢幹事長こそ、総選挙の公約破りで悪政を推進する張本人ではないか。自民党出身の鳩山代表、小沢幹事長は、政界から去るべきだ。同じく自民党出身のエセ「新党」代表、党首たちにも政界からさっさと去ってもらおうではないか。民意に耳を傾けない人間に、政治を任せられる訳がない。(といっても、多くの人たちに、彼らの悪行に気づいてもらわないといけないのだが)。

 さらに、民主党と連立を組む社民党への幻想もさっさと捨てましょう。福島瑞穂党首は、言っていることと、やっていることがまったく違う。よくよく考えてみると、福島党首と鳩山代表は、毎週火曜日と金曜日に開かれる「閣議」で何度も何度も何度も何度も顔を合わせている。百歩譲って、福島党首が鳩山代表に言うべきことを言っているというのなら、なぜ5月23日に鳩山代表が沖縄を訪問した際、どうして公約に違反する「辺野古の付近に」なんて「結論」を、ぬけぬけと、沖縄県知事や名護市長に伝えることができたのだろうか。社民党支持者(良い人もたくさんいるのに、なぜ気づかないの?)もいい加減に、福島党首の「ウソ」に気づくべきなのだ。何度も何度も何度も鳩山代表を翻意させるチャンスがある身近な「閣僚」なのに、「野党」のような顔をした「与党」として連立政権に恋々としている。ほんま、怒るで社民党! エエ加減にせえよ! あんたらは、なんや、ほれ、「重大な決意」をにおわせとったんとちゃうんか! 辻元はんも情けないなー。こんな社民党を応援するエセ「知識人」たちも、顔を洗って出なおしてこいや! 福島党首をはじめとする社民党幹部は、なんか「頑張る」みたいなこというといて、民主党政権に国民の期待をつなぎとめる「詐欺師」の役割を果たしとるやないか! ほんま、腹立ちまっせ。許しまへんで。

 鳩山代表の訪沖は、「謝罪」のためにいったのではなく、「公約破り」の仁義をきりにいったんや。社民党のことなんか、鳩山代表の眼中にないで。鳩山代表の念頭にあるのは、米軍の存在だけや。正味、そう鳩山代表みずからが述べてるやんか。鳩山はんが「辺野古への新基地建設」の方針を実行してるのやから、これほど、わかりやすいことはない。社民党はんよ、それでも何か? 「辺野古」の文字を削ったとか、また「成果」とか言うんか? ほんなら、なんで、日米合意文書づくりでは「辺野古」で進んでるのや? あんたらに「ダブルスタンダード」(二枚舌)なんて言う資格ないで。ウソをついてる人間から「ウソをついてない」なんて言われて、誰があんたらのことを信じるんや。最悪やわ。

 ほれ、アメリカのクリントン米国務長官は「ハトヤマの勇気をたたえたい」なんて喜んどるやないか。ゲーツ米国防長官も喜んどる。「ミズホ・フクシマの勇気をたたえる」なんてアメリカ政府の高官が言うてますか? だーれも、そんなこと、言うてしまへんがな。おそらく、社民党が「辺野古」で「OK」ゆうたらアメリカ政府は喜ぶっちゅうことでしょう。沖縄の米軍基地問題の解決は、民主党や社民党や国民新党、ましてや自民党、公明党にもできまへん。みんなの党も米軍基地問題については「お手並み拝見」とやらで頼りになりまへん。あかんねえ。年貢の納め時たあ、このことやね。アメリカ政府や財界・大企業にちゃーんとものを言う政党は日本共産党(政党助成金を拒否)だけや。それ以外の政党は、政党助成金を国庫に返納しなはれ! 国民の言うことを聞かない、民意に耳を傾けないあんさんらのような政党に税金を払うのは、ほんまに税金の無駄遣いですわ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/26

再掲 半島を出よ 礼賛を嘆く 書評

 なにか、キーワードで、村上龍『半島を出よ』の書評で、当ブログにたどりつく方がいらっしゃるので、5年前に書いた文章を以下に再掲いたします。

 再掲にあたり、誤解のないように願いたいのですが、アドルノ的筆者は、村上龍氏という作家が嫌いなわけではありません。この『半島を出よ』という作品にまつわる無批判な礼賛の嵐に対して、当時、非常に憤ったため、以下のような駄文を綴るに至りました。『限りなく透明に近いブルー』『コインロッカー・ベイビーズ』のような(異常)かつ(退廃的)な(現実)を精力的に文章化する村上龍氏の才能を楽しんでさえいます(共感はしませんが)。日米同盟関係が長く続く、この日本の資本主義社会の「負」の側面を忠実に書く作家として貴重とさえ言えます。ただ、作家が読者をどのような世界に誘うのかという問題意識からすると、『半島を出よ』は村上龍氏本来の持ち味が生かされていないと感じます。

 核兵器の日本への持ちこみに関する日米密約などが白日の下にさらされ、米軍普天間基地問題に象徴される日米同盟の現実が日々伝えられる今日、いまこそ、村上龍氏には、重厚長大なとんでもない小説を書いていただきたいと願っています。小説家の想像力こそ、平凡な日常で一番驚嘆させてくれるものと信じています。

2005/05/23
半島を出よ礼賛を嘆く
『半島を出よ』上・下(幻冬舎)に対する礼賛の嵐には、ほとほと、辟易するものがある。
 毎日新聞などは、村上龍氏への記者インタビューを掲載したにもかかわらず、書評でも取り上げている。「毎日」で書評をしている人物は、文学賞の選考委員に名前を連ねる著名なロシア文学の専門家であるが、なぜ、『半島を出よ』を絶賛するのか。朝日新聞に掲載された書評も同様に、礼賛の声のみ。なにか、ほめなくてはいけないような「空気」が、あたかも存在しているかのようだ。少し批判めいたものは、東京新聞の「大波小波」欄ぐらいで、大新聞といわれるものにのった書評は、押しなべてほめちぎっている。

 私は、この作品を二回読んだ。小説らしいポエジーには、まったく出会えなかった。頭からダメと決めつけたわけではない。感動に値する1行を探していったが、読めども、読めども、これまで見たことのないような想像力を駆使した文章に出会えなかった。冗漫な文章の洪水に、苦痛を強いられた。

 村上龍氏といえば、米軍基地下の日本の現実を、ある意味で正確に反映した作品を生み出しつづけてきた。この間、社会派の作品も世に問うている。作家らしい鋭敏さを示して、日本社会の現状にたいする問題提起も盛んにしている。しかし、ことこの作品に関するかぎり、だれかに書かされた匂いが充満している。その匂いを嗅ぎ取ったのは、いまのところ、讀賣新聞における池内恵氏の書評のみである。

 「毎日」の評者は、『半島を出よ』に挙げられた参考文献を膨大といって驚いてみせる。この評者は、本当に、その参考文献の中身をまじめに吟味したのだろうか。初心者向けの入門書(と呼ぶのも恥ずかしいようなものも含めて)、大して、あてにならない文献が、ここぞとばかり羅列されている。少なくとも、ここ数年、経済学へ造詣を深めていたはずの村上龍氏にしては、恥ずかしいほどみじめな書が、下巻の巻末を埋めている。ぜひ、下巻の参考文献に目を通してほしい。だまされてはならない。

 ハリウッド映画で、最後に、えんえんと映画俳優につづいて、スタッフやクルーの名前、団体名がつづくのを見る。あれは、あれで、感動を誘う。しかし、村上龍氏の作品にある参考文献に限っては、噴飯ものである。明確に自民党政権ブレーンの軍事アナリストの作品まで、後生大事に掲げられているのである。文学作品の書評で、参考文献が膨大だとかで、驚いてみせる方がおかしい。
 たとえば、大江健三郎氏の作品ならば、村上龍氏の比ではないだろう。豊富な読書生活に裏打ちされた異常な想像力の奇妙な世界の提示がそこにはある。

 ところが、村上龍氏の作品は、この文学者の想像力の貧困さを露呈するばかりである。異常な世界を描いているはずが、現実世界をなぞっただけの陳腐な描写がつづく。
 たとえば、2011年に、北朝鮮の「反乱軍」が、福岡ドームを占拠するという設定。
 九州出身の人ならば、「半島」と聞いて、インスピレーションが湧くのかもしれない。村上龍氏が育った長崎・佐世保の地理的な側面が、この作品に影を落としている。ところが、この作家の想像力の延長線をみると、現実には、アメリカ軍と自衛隊が、北朝鮮軍の日本列島への乱入を想定して、日米共同作戦計画をたてている。その際、自衛隊が単独で対処することも決められているのである。すでに、舞台設定自体が、現実を超えていない。これは、日米安保条約に関係している。

 『半島を出よ』において、登場人物の一人が、日米安保条約の条文を読む場面が出てくる。そこでは、日本有事において、米軍が何も対処しないことを確認するくだりがある。ここは正しい。
 現実レベルにおいて、日本からアメリカに派遣される駐米大使は、外務省の北米局長を経た者であり、日米安保条約に詳しくない人間が、日米軍事同盟の連携、危機管理に携わることは、現実には想定しえない。村上龍氏の小説で、唯一、想像力を駆使したのは、この個所だけといってもさしつかえない。日米安保条約をまともに読んだことがない官僚を登場させているからである。しかし、なんのことはなく、この場面は、たんなる挿話レベルでとどめられている。
 村上龍氏自身も、週刊誌のインタビューで、執筆過程で、北朝鮮が攻めてくることはありえないと確信するにいたったとのべているとおり、この作品は、「非現実的な物語」なのである。率直にいえば、その「非現実」的な危機管理において、アメリカ軍に頼りっぱなしの情けない日本という批判をしのびこませ、こんな現状でいいのか、というのがこの小説が発するメッセージなのだ。

 そのうえで、村上龍氏の問題意識は、ただひとつ。テロリストたちによるモスクワの劇場占拠に対して、プーチン大統領がとった強硬手段への評価、この一点なのである。村上氏は、プーチン大統領にならって、多数を助けるためには、少数を犠牲にしなければならないという。この村上氏の問題意識を映し出したフレーズがこの小説に、二回出てくる。
 書評をするのなら、作家の問題意識と離れて、あれこれと主観的に書き連ねるのは、誠に無責任である。作家のめざすところが、客観的に達成されているかどうかを見るのが、書評するうえでの、まず第一の態度というべきだろう。その意味で、「毎日」における評者の態度は、はなはだ疑問である。この書評を読んで残念に思った。

 百歩譲って、「イシハラ」たち、ホームレスによる死闘に目を向けてみよう。「毎日」の書評子は、「連帯感」のようなものに感動するというが、殺人を反省しない者たちの「連帯感」とは、いかなるものなのか。読めば読むほど、アメリカB級映画を見たような、後味の悪い場面の連続である。しかも、村上氏は、これら「イシハラ」に連なる若者たちには、なんの共感ももっていない。そのことは、下巻の末尾の、なにげない描写に投影されている。むしろ、軽蔑しているとさえいってよいだろう。

 結論をいおう。『半島を出よ』という作品は、村上龍氏という作家の貧困な想像力を借りて、日本の現実が書かせた作品なのである。つまり、読後感として、「日本は情けない」を強要するものとなっている。しかし、「情けない」のは、この作品を評価する追随者がいることだ。書評といえば、ほめなくてはいけないというのは、一体、どういう態度だろうか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/15

有害無益な民主党連立政権

 米軍普天間基地の移転問題など政権公約をこれほど軽んじる政党は、民主党において際立っている。最初からやる気がないことを公約に掲げた罪は重いし、同じ政権にいる社民、国民新両党の罪も重い。

 少なくとも「国民の生活が第一。」とうそぶいた民主党の小沢一郎氏の責任も重い。記者会見における小沢氏の傲慢な態度は、口下手などというものではない。政治とカネに関する質問を受け付けない前提で記者会見をするような人物に、日本の政治が左右されるのは、明らかにおかしい。不審を招く小沢氏の蓄財術も含めて、証人喚問をすべきだろう。政策のことは、政権に聞いてくれといいながら、選挙のことばかりに邁進するように見えて、小沢氏は要所要所で政策決定に関与している。国民は、そういう小沢氏の姿勢もちゃんと見ている。

 国民世論をまともに受けとめない政党が、政権を担っていることについて、非常に腹立たしさを覚える。民主、自民、公明、社民、国民新に政治を任せられないのなら、もう選択肢は限られてくると思うのだが。自民党出身者がゴロゴロいる新党やみんなの党に期待するのもオカシイと思うのだが、どうなのだろう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/11

年収300万円台の弁護士も

 NHKは11日の午前7時台のニュースで、年収300万円台の弁護士が出ている事態について報じていた。親の家に同居して、国選弁護人、当番弁護士の仕事、いわゆるアルバイト的な仕事を待つ姿は、アドルノ先生(1903~1969)のいう「啓蒙の弁証法」のような逆説と感じた。
 「コンビニのアルバイトの方がもうかるかもしれない」と述べ、携帯電話で当番弁護士の仕事の争奪戦に参加する若手弁護士の姿を見て、唖然とするばかり。一方で、もうけるために弁護士になったのかとガッカリする思いだが、司法試験で苦労し、奨学金という名の借金を抱える弁護士の姿は、悲惨というほかない。

 弁護士といえば、もうかる職業の代名詞のように思われてきたが、そうではないということらしい。自民党・公明党の小泉政権時代に司法試験の合格者を増やしたことが、逆に都市部での過当競争を生んだということなのだろうか。

 NHKは新潟・佐渡島の弁護士が、たくさんの案件を抱えて、依頼者を1カ月も待たせている事例を紹介していた。僻地では弁護士は少ない。逆に都市部の弁護士事務所では、200人もの「就職」希望者が殺到しているらしい。

 テレビや広告で、弁護士が借金返済の相談に乗りますという宣伝がなされているが、依頼者の無知につけこんで多額の手数料をとる弁護士もいるらしいから注意が必要だ。

 弁護士といえども、先輩弁護士の手ほどきを受けて、難しい案件の解決方法を覚えていく。弁護士として難しければ、人民のために働く政治家の道もあるのではないか。そもそも弁護士になろうという人は、世のため人のために役に立ちたいという気持ちが少しでもあるはずである。いろいろと調べてみる余地のある問題である。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/09

改めて公訴時効廃止を批判する

 『世界』6月号が、白取祐司北海道大学教授、岩村智文弁護士、片山徒有「被害者と司法を考える会」代表の3人による座談会「公訴時効廃止法批判 こんな拙速な立法でよいのか」を掲載している。

 公訴時効廃止という拙速な立法のあり方を批判した日本弁護士連合会や日本共産党などにたいして、おかど違いの疑問や悪罵を投げつける人がいるらしいが、この『世界』の座談会記事を一読されることを願う。

 さて、『世界』の座談会の記事を読むと、著書で公訴時効の撤廃に積極的な意見を表明していた白取教授ですら、今回の民主党政権(社民、国民新)による法改定(自民、公明、みんなの党なども賛成)は極めて異例だと疑問を投げかけている。
 刑事司法の被害者にたいする配慮が、これまで不十分だったから、それを改めようと立法するのはわかるが、今回の法改定は、「犯人を厳罰に処せ」という風潮のなかで、一度死刑の判決を言い渡された者は永遠に刑の時効が成立しなくなり、死刑制度を過酷にするもので、2009年の殺人事件の認知件数は戦後最低を記録したのに、国会で丁寧な検討がなされていないと批判している。

 時効がなくなり、捜査がずっと行なわれるのかという問題について、元法制審議会委員の岩村氏は、2009年11月から行なわれた法制審の議論の中で、そうではないとの否定的意見がかなり出されたことを紹介している。捜査当局が、ある程度の裁量で打ち切ることもあり得るとのこと。今後、検挙率が上がることはないと警察もはっきり言っていたという。

 捜査資料の保管について、時効が廃止されても、100年も200年も保管できないという意見も出たという。200年も同じ体・形で生き続ける人間はいないから、当然と言えば当然なのだろうが、時効が廃止されたのだから、殺人事件の解決に向けては捜査資料の長期間の保管が必要だろう。
 殺人事件の場合、刑事裁判の法廷で、例えば、血のついたナイフや衣服などの捜査資料の現物が示されたり、写真が示されたりするが、時効がなくなると、犯人が逮捕されない限り、そういうものも長期間の保管が必要となってくる。

 ところが、岩村氏によると、法制審の議論では、警察の内規で処理すれば良いという意見が出たという。従来は、時効が成立した時に、警察と検察が話し合って捜査資料を処理するという方式をとっていたのが、今回の法改定で、警察の内規で適当に処理していいことになるという。日本では捜査記録、捜査資料を捜査側のみが利用できるシステムで、弁護士は、捜査記録、捜査資料を利用することはできない。警察が勝手に捜査資料を処理すれば、将来的に弁護士側からの検証が不可能になる。冤罪の温床が広がったようなものである。
 被害者の片山氏も、捜査中ということで事件についての説明が遺族にまったくされず、遺品も返ってこない現状が続く恐れがあることに懸念を表明している。

 法律が、一面的な議論、時の政権の勢いだけで制定されることへの懸念、疑問を法律家や共産党員が抱くのは、戦前の治安維持法、戦後の破防法、盗聴法などの人民弾圧法とのたたかいからすれば、当然のことだろう。ましてや、取り調べの可視化法案が2年後に先送りとなる状況下では、検察権力によって新たな冤罪が生まれる可能性は依然としてある。

 検察を批判し、公訴時効廃止に慎重だった民主党が、いとも簡単に法務省の官僚主導で、検察の権限を強化する方向へ法律を変えるのは大いに疑問である。そもそも殺人事件をめぐる裁判で何よりも恐ろしいのは、殺人を犯していない人に罪がなすりつけられること、つまり、冤罪が発生することである。殺人事件の犯人が罪を償うのは当然のことである。公訴時効廃止をめぐる議論では、誰もそのことに反対などしていない。公訴時効とは、犯罪の発生による捜査および裁判にかかわるものであり、公訴時効廃止によって殺人事件の解決が進むかのように議論のスリカエがなされているとすれば、意図的なものと言わなければならない。

 これは「拙速」な私的見解だが、殺人事件の被害者の感情はどうなるのかと声高に叫ぶ人に問いたいことがある。「被害者としての苦痛には、想像を絶するほど、耐えがたいものがあるでしょう。それでも、なお、万が一、あなたが容疑者・加害者の家族となった場合に、容疑者・加害者家族として周囲の冷たい目にさらされ続ける生活に耐えられるでしょうか」と。自分自身は犯人でもないのに、殺人犯の親・兄弟姉妹と後ろ指をさされる生活も苦痛に違いない。
 ましてや、犯人でもないのに、犯人だと見なされ続ける事態が続くとしたら、どうなのだろうか。これほど腹立たしいことはない。

 被害者家族は、大切な人を殺されたことで苦しみ続けなければならないが、加害者家族も苦しみを背負う。こうした疑問にも民主党政権は答えていないのである。これも私的な感想だが、千葉景子法務大臣が使った「逃げ得」などという表現は、将来の徴兵拒否さえも許さないかのような響きがあり、法務省の官僚に丸め込まれた権力者の傲慢さがにじみ出ていると思う。

 間違って逮捕されない権利は、憲法の基本的人権に属する。刑事訴訟法は憲法をふまえ、人権に配慮してつくられた法律のはずなのに、歪められた恐れがある。人権、人権と日頃は口うるさい人々も今回の刑事訴訟法改定に沈黙している。民主党政権と自民、公明、みんなの党によって、凶悪な殺人事件が身近に発生した場合に、国民が間違って逮捕されるかもしれない可能性が増大したのである。

 作家の宮本輝氏は、『人間の幸福』という小説で、殺人事件が起きたあるマンション住民の不安な日常を書いた。アリバイもない男は、間違って逮捕されるのではないかとビクビクする。そんな住民の心情がリアルに伝わってくる。作家の感性というのは凄い。政治家は、もっと小説を読むべきだ。

 これまでは、時効というものがあったから、間違って逮捕されるかもしれないとビクビクする期間が限定されていた。これからの小説は、時効廃止によって、間違って逮捕されるかもしれない人々の不安な日々を書かなくてはならないのである。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »