« 鶴見俊輔 | トップページ | 太宰治と浅尾大輔 »

2009/04/14

サヘル・ローズさん

 サヘル・ローズさんが「徹子の部屋」(14日、テレビ朝日系)に出ていた。4歳のとき、イラン・イラク戦争で家を破壊され、がれきの下に4日も埋もれていたなかから救出され、今、日本に住む。11人兄弟の末っ子だったが、自分以外の家族は全員亡くなり、ボランティアのイラン人女性に発見されて、数奇な運命をたどって養女になった。日本の学校の給食のおばちゃんからも応援されて、給食をもりもり食べて、身長が伸び、今日に至っているという。彼女の愛くるしい、輝くばかりの笑顔の背景には、残酷すぎる世界が横たわっている。

 ユニセフ大使も務める聞き手の黒柳徹子さんも涙涙涙、鼻水鼻水鼻水だった。サヘルさんを引き取り、愛情を注ぎ育てた養母の人生もすごすぎる。養母は、日本にいた彼氏よりもサヘルさんを選び、化粧品工場に勤め、ツナ缶一つを3日かけて食べて体をもたせ、2人の生活を支えた。サヘルさんがタレント、女優となった今でも、母娘でリバーシブルのペルシャ絨毯も織りつづけている。8時間織って、3ミリしか進まないという絨毯。

 戦争による破壊の痕跡、むごたらしい現実は、現代日本人の身近にもある。遠い国の話ではない。サヘルさん本人は、一言も言ってはいないが、戦争を放棄し、国の交戦権を認めない憲法九条があるからこそ、サヘルさんは日本にたどりついたのではないか。そう思った。

« 鶴見俊輔 | トップページ | 太宰治と浅尾大輔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38028/44667816

この記事へのトラックバック一覧です: サヘル・ローズさん:

« 鶴見俊輔 | トップページ | 太宰治と浅尾大輔 »