« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007/09/13

安倍政権の終わり その13

 ほんとうに安倍政権が終わりになってしまった。断続的な平凡なこの連載も「13」で終わりである。安倍首相の「辞意」は、ほとんど病気的。ふつうの神経ではない。無責任を通り越して、狂気を感じる。新聞記者たちも、このタイミングを誰も予想せず、皆驚いていた。自民党の人間ですらほとんど知らなかった。

 大島理森自民党国対委員長が安倍晋三首相と会いに行った際に、辞意を表明した。大島国対委員長は、あわてて河野衆院議長に伝えるために、国会へとんぼ返りし、議長室に駆け込んだ。衆院本会議の開会を遅らせるためである。そのときに、民主党の山岡賢次国対委員長から電話があり、与党幹部よりも先に山岡国対委員長の知るところとなった。辞意表明の理由となっている民主党の党首会談拒否は、口実にすぎないだろう。逆にいえば、アメリカの要求にこたえて、テロ対策特別措置法を延長できない、ゴリ押しも難しいという局面で、自民党としての知恵が尽きているということになる。

 安倍の辞意表明は、自民党の決定的な衰弱を示す。だからこそ、歴史的な事件といえるだろう。

 首相動静によると、9月10日、所信表明が終わった後に安倍、麻生会談があった。この会談の内容は、いまだに明らかになっていない。さらに、9月11日に何があったかをもう少し調べてみる必要がある。安倍の心労、緊張の糸を切る何かがあったに違いない。ほんとうは、辞めたいけれど、なかなか辞められないという「心労」、もしくは、もう耐えられない、我慢できない等々、「職を賭す」という表現にこめられた真意は、追い詰められた人間の心の叫びだった。言葉は正直である。

 人格化された資本=安倍晋三が「人格」を取り戻すのは難しい。こんなくだらないことをして。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/11

安倍政権の終わり その12

 第138臨時国会が始まった。安倍首相の所信表明演説を聞いた。これは、もう退陣が近いと感じた。しかし、こんな安倍改造内閣をささせる自民党、公明党もダメダメ集団だ。自民党のなかから安倍退陣を迫る声も増えている。

 安倍改造内閣は、おそらくテロ対策特別措置法を延長させるために、あらゆる手をつくしてくるだろう。危険だ。アメリカの戦争に日本が協力することは、それだけ日本がテロの危険にさらされるということだ。なぜ、こんな簡単なことがわからないのだろう。国民をとても危険な目に遭わせているのは、自民党、公明党。このことは、覚えておこう。「国際的公約」なる暴言など、くそくらえである。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/05

官邸崩壊

Photo

 脱力系の政治ジャーナリスト、上杉隆さんの『官邸崩壊』(新潮社)が読まれている。すらすら読めてしまう。読ませてしまう筆力(パソコン・キーボード打力)は、脱力系とは無縁である。力技である。政治家たちの発散する空気をつかむ眼力がある。必然的に情景描写が効果的になる。そこから惹きつけられて、あれあれと読み進んでしまう。豊富な取材は、好奇心旺盛な頭脳の反映である云々。

 辛口の先輩も、上杉さんが、ある人物を本書に登場させていることを評価していた。読めばわかる。ようやく日本にも面白く政治を、かつ平易に、肩の凝らない文章で伝えてくれる人が現れたのである。政界という「世間」を、日本や海外の報道機関で鍛えた眼でリポートしてくれる。しかも、鳩山邦夫の秘書をしていた経験もあり、政権党・自民党の内情にも通じている。

 偏見を感じさせない。なぜだろう。少なくとも、学ぶべき書き方がある。例えば、80頁以下、「崩壊への序奏」の小見出しがあるところ。日本共産党の高橋千鶴子衆院議員が、例の教育基本法を「改悪」するためのタウンミーティングの「やらせ質問」を暴露したときの委員会室の臨場感のある描写はどうだろうか。当時、このニュースに接して、電通がらみの、今風の組織的衆愚政治的動員演出にあきれた人も多かったのではないか。与党が慌てふためく姿を写し撮る上杉さんの文章を読んで、ああ、こういう筆致があるのだなと脱力ならぬ脱帽をする。

 文章には、比喩的な意味で、熱が必要であるというのが、アドルノ的筆者の持論である。脱力系の開祖たる上杉隆さんの文章の熱の由来をなんとかさぐりあてたい。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/03

安倍政権の終わり その11

 遠藤農水相が辞任の意向だという。しかし、そもそも彼は、国会議員になって20年間、ただの1度も質問にたったことがない。国会議員も辞めた方がいいのではないだろうか。

 安倍内閣は、このままでは、とても政局を乗り切れるはずがない。安倍首相の交代は近い。しかし、次の首相が麻生では、さらに危機が深刻になる。本当に自民党がぶっ壊れる時代になった。二大政党制をめざすといいながら、自民党が完全にぶっ壊れると、二大政党制どころでなくなる。民主党の小沢代表も二大政党制をつくるために、今のポジションを選んだ人間のはず。そうでなければ、自民党にとどまって首相を狙えばよかったのであるからして、財界も誰を首相にするのか、人選が難しくなっている。

 のんきなことをいっている時代ではなくなってきた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »